行政書士試験合格は模擬試験が重要!

行政書士 模擬試験、1日2時間程度の勉強で90日後には、模擬試験で合格点の180点を取る実力がつく勉強法を開発した人がいます。

今年は行政書士試験受験者が増加する年です。

●新司法試験に3回落ちた法科大学院生
●公務員を志望する現役大学生
●人気ドラマ特上カバチを見て行政書士を目指す人



これらの受験者が一挙に集中する今年、予備校などで開催される
模擬試験に参加する人も多いそうです。



あなたは100人中上位5人の合格者に入れますか?
その自信はあるでしょうか。



過去問中心の勉強をしているけど点が伸びない。
市販の行政書士テキストでは通用しないのでは?
法律初学者で合格できるのか?
記述問題を解く自信がない。
一般知識問題の勉強法が分からない。
平日勉強時間が取れない。
予備校に通うお金がない。



 もしこのようなことでお悩みでしたら、安心してください。

1日2時間程度の勉強で90日後には、模擬試験で合格点の180点を取る実力が
つく勉強法を開発した人がいます。



 その方は、小野たかひとさんです。
不動産鑑定士試験の対策教材を販売している方です。



小野さんは、一人のお客様からの無理なお願いをきっかけに
作成した新試験制度移行後の行政書士試験対策教材が
思わぬ成果を上げました。



モニターを募って勉強してもらった結果、20人中17人が
短期間のうちに新試験制度移行後の行政書士試験過去問の模擬試験で
コンスタントに合格点をクリアできるようになったのです。



このような結果を踏まえ、今回行政書士試験専用の攻略教材として
公開してくれることになりました。



 このような模擬試験も試験が近くなると頻繁に開催されるようになります。
しかし、模擬試験を受けるだけでは意味がありません。
模擬試験の結果から自分の不得意な分野、または合格点に達するための
勉強の仕方などを見直さなければなりません。



模擬試験でいつも合格点を取れる人は問題ありませんが、
そうでなければ、いくら模擬試験を受けても、模擬試験は実力診断の
ために受けるだけになってしまいます。



 模擬試験の結果から、合格まで程遠いと感じている方も
大丈夫です。まだ間に合います。





 小野さんは、
 3ヶ月程度で行政書士試験に合格するにはどうしたらよいのか・・・

 幸い小野さんの知り合いに現役の行政書士がいたので、
その人から行政書士試験の現状をよく聞き、行政書士試験に
短期合格する方法について考えてみることにしました。



それからというもの、連日連夜知人の行政書士事務所に入り浸り、
根掘り葉掘り現在の行政書士事情、試験傾向、攻略のポイントについて聞きました。
そして、ついに新試験制度移行後の行政書士試験の
点数分布から攻略の糸口を見つけたのです。





 行政書士試験の例年の出題数と配点を見ると一目瞭然、
行政法と民法が突出して点数が高いことが分かります。



そして、行政書士試験合格のための条件は、

1.全300点中6割以上の180点以上をとること。
2.一般知識等科目の得点が、4割以上(6問正解)であること。


この2つです。どちらか一方が欠けていてもダメです。



以上を踏まえて分かった行政書士試験短期合格の糸口は、

1.行政法と民法だけで合格点をクリアできるほど2科目が重視されている。
2.一般知識等問題でとにかく6問以上正解しなければ合格できない。

この2点です。



この2つの糸口に基づいて、市販されている行政書士テキスト、
問題集を分析した結果、新試験制度移行後の行政書士試験に
短期合格するための方法が分かったのです。



 こうして出来上がったのが、「行政書士試験短期合格術」です。



 小野さんの行政書士試験短期合格術を知りたい方、
行政書士試験短期合格術を使って行政書士試験に合格したい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・
行政書士試験短期合格術



↑このページのトップヘ